囲碁ソフト

天頂の囲碁6 Zenの機能紹介!!

zen天頂の囲碁6を購入してわかったことは、市販の囲碁ソフトはかなり強いということです。

 

コンピュータと打っているという感覚はなく、人間と打っているのと変わりません。

強豪と打っている感覚です。

 

Master(アルファ碁)はプロ棋士を追い抜かして遥か彼方へ行ってしまいましたが、強さはそこまでいかなくともアマチュアなら市販の囲碁ソフトで十分楽しめます。

 

今回は、天頂の囲碁の機能などを紹介したいと思います。

 

まずコンピュータの強さ(棋力)ですが、6級から七段まで設定できます。

zen1七段は、かなり強くて勝たせてもらえません。

おそらくアマチュア6段以上

七段で設定するとかなりの時間考えてきます。

段級位を落とすほど、考える時間は短くなります。

 

zen2持ち時間は、なしから60分まで設定できます。

コンピュータ側には、持ち時間はありません。

 

zen3秒読みは、なしから60秒までで秒読みも読み上げてくれます。

zen6秒読み上げは、万波佳奈・奈穂姉妹の声が選べます。

10秒。。。。20秒。。。。残り3回です。

10秒。。。。20秒。。。。いち・にい・さん~

読み上げしてもらって打っていると、NHK杯さながらプロ棋士になったような気分で打てます(笑)。

 

zen4コンピュータ側には、考慮時間というものがあり、5秒から120秒まで設定できて、設定するとその秒数内で打ってきます。

5秒設定でもかなり強いです。

 

zen5

人間側には秒読みの他に、考慮回数時間も設定できます。

 

zen8形勢判断機能もあり、だいたいの地合い予測をしてくれます。

 

zen9待ったの機能もあるので、やり直しはよくないですが、失敗した手を打ったと思ったらやり直して打てます。

いくらでもさかのぼってやり直せます。

 

zen16zen17検討機能もあり、候補手や手の評価値がわかります。

 

zen10棋譜保存も印刷もできるので、ご自身の対局したものを保存することもできます。

 

zen11zen12七番勝負もできます。

相手は趙治勲さん(初段~)と万波奈穂(3級~)です。

 

zen14レーティング戦もあり10級~八段まで選べることができて、ご自身の棋力に応じてレーティング戦が楽しめます。

 

zen7コンピュータとの対局以外にも、道策など古典の名局集の棋譜があり、棋譜鑑賞もできます。

77局の対局が入っています。

 

zen13ひと目の詰碁もあり、レベル1のやさしい問題からレベル3まで25問×12 300問収録されています。

 

まだ完全に使いこなせていないですが、ざっと機能を紹介してみました。

また他にもいろいろな機能や使い方があれば追加して報告します。

 

購入を検討されている方は、アマゾンが一番安いです。

天頂の囲碁最安値で購入ならAmazon⇒マイナビ 天頂の囲碁6 Zen

POSTED COMMENT

  1. 尾邑 勝彦 より:

    碁会所やパンダネットで対戦の後、棋譜を並べてどこが良くなかったか研究する事
    にしていますが、対戦棋譜を打ち込んでその都度評価は可能と思いますが、
    パンダネットの保存棋譜を読み込んで一手毎の評価は可能ですか

  2. 尾邑 勝彦 より:

    私は碁会所やパンダネットで対戦の後、負けた場合はどの手が悪かったか
    並ぶ変えて検証していますが、棋譜を打ち込んで一手毎の評価は可能と思いますが
    パンダネットで保存してある棋譜を読み込んで一手毎の評価は可能ですか

  3. norakura より:

    ブログを数年運営しておきながら、コメントの設定をしておらず今になって尾邑様のコメントを拝見した次第です。

    見ているかどうかわかりませんが、お返事遅れまして申し訳ありません。

    パンダネットで保存してある棋譜はsgf 形式で保存されているのでしょうか?

    大抵の形式に対応していますので、可能だと思います。

尾邑 勝彦 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA