コンピュータ囲碁

AI囲碁『絶芸』とプロ棋士の差は3子以上?!

野狐囲碁ではAI囲碁『絶芸』とプロ棋士との対局を毎日観戦できます。

僕も暇をみては観戦しているのですが、絶芸強すぎます!

中国・台湾・韓国・日本のプロ棋士が挑んでいますがほとんど負けています。

挑んでいるといってもハンデをもらっている2子なんですよね

2子でほとんど負けているので、3子に手合いを変えてみたらと思うのですが

2子で挑み続けています。

たまに絶芸も負ける時がありますが、ほとんど勝ちます

ここ最近の絶芸の対戦記録なのですが、赤が絶芸が勝った対局で灰色が負けた対局です

恐ろしい勝率です!

以前は柯潔九段もよく絶芸に挑戦していましたが最近は見られなくなりました。

2子でボロボロに負ていましたからね

柯潔九段九段ですら2子のハンデでも厳しいのですから、3子に手直しするべきではないかな?と思うのですが、プロのプライドが許さないのでしょうか?

アマチュアとしては、3子での絶芸のうち回しがどんなものなのか見てみたいところがあります。

こんなルールにしてくれたら面白いのにと思うのですが

絶芸とプロ棋士達の対局をたとえば30局の勝率を見て、8割の勝率ならば1子増やす。

そうやってどこまでいけば対等な手合いなのか見てみたいですね。

これは、プロ棋士には酷なのかな?